習性を知って対応|可愛い見た目と裏腹に退治しにくい動物|イタチ駆除はプロに依頼
メンズ

可愛い見た目と裏腹に退治しにくい動物|イタチ駆除はプロに依頼

習性を知って対応

蜂

できるだけ危険を回避

蜂は、ミツバチのような身近なものから、キイロスズメバチやオオスズメバチといった危険性の高いものなど、さまざまな蜂が存在しています。一般に、駆除の対象となる蜂は、前述のスズメバチ類に加え、アシナガバチといった種類が挙げられます。これらを退治するときには、巣の除去を一番に考える必要があり、特に、そこにいる女王蜂を退治することが重要です。女王蜂を失った場合、その巣は崩壊していくことが知られており、働き蜂をいくら退治したところで、真の退治とは言えないのです。しかし、このことがより巣の結束力を強めている理由でもあり、死に物狂いで守ろうとするため、退治する時にはいかに危険を回避して確実に駆除するかが課題になります。

夜間に活性が落ちます

最近では、性能の高い殺虫剤が登場しており、かなり遠くからでも効果を出すことが可能なものもあります。しかし、これは、巣の表面にいる働き蜂を退治するには効果があるものの、巣の内部にいる蜂には十分ではありません。そこで、駆除作業を行う際には、ハチの活性が下がるといわれている夕方から夜間に行う方が危険度が下がります。また、働き蜂が巣にもどっていることから、一気に駆除してしまうことができ、効果的といえます。駆除の際には、巣に一か所開いている出入り口めがけて殺虫剤を放つことが効果的で、活性が下がったところで、巣全体をあらかじめ準備した袋に入れてしまう方法が一般的です。作業時には、防護服を身に付けておくことで、万が一刺されることを防ぐことが可能です。